恵比寿でほくろ除去を行いました

思春期頃から、顔にある大量のほくろが気になるようになっていました

思春期頃から、顔にある大量のほくろが気になるようになっていました。
自分の顔には小さなほくろがたくさんあり、友達にふざけて数えられるなんてことも少なくなかったです。
高校生時代には好きだった男の子が陰でほくろのことを馬鹿にしていることを知ってしまい、とても傷ついたこともありました。
大学生になってからは化粧を覚えて隠すようになっていたのですが、かなり厚塗りしなければ完全に消すことはできません。
メイクでは普段より薄くする程度となってしまっていたのですが、それでもメイクができなかった高校時代までと比べると精神的な余裕が生まれていたのです。
飲食店でバイトをしていましたが、ある日、酔っぱらったおじさんから「そこのほくろの姉ちゃん」と呼ばれたのです。

思春期頃から、顔にある大量のほくろが気になるようになっていました | バイト先がある恵比寿に良さそうなクリニックがあった | お金はかかったけれど施術を受けて正解だった

恵比寿でほくろ除去するならこちら高山ホワイト皮膚科クリニック-美容医療の口コミ広場